性病は、感染しても気づかない

2022.10.31

性病は、感染しても気づかない

記事監修 野口真康 医師

「性器がかゆい」「尿道が痛い」「性器が腫れた」「イボができた」などなど。
“性病”というと、こんなイメージがありませんか?風俗で遊んでいても、「どこも痛くもかゆくもないからセーフ」だと思っていませんか?
でも、それは間違いです。主な性病の自覚症状や傾向について解説します。

性病の自覚症状とは

自覚症状が出る性病は多くありません。 痛くもかゆくもない性病の方が多いんです。

わかりやすく自覚症状が出るのは、尿道が痛くなる「淋病」と性器にイボができる「尖圭コンジローマ」くらい。

クラミジア」、「トリコモナス」、「カンジダ」、「梅毒」、「HIV」、「B型肝炎」、「C型肝炎」といった性病は、自覚症状が全くないかごく軽いので、検査をしないかぎり感染しているかどうかを確かめることはできません。

あなたが男性なら、いま感染している可能性が高い性病は、「クラミジア」、「梅毒」、「HIV」、「B型肝炎」です。
「トリコモナス」、「カンジダ」は女性に多い性病で、「C型肝炎」は感染力が強くないので可能性は高くありません。

クラミジアは、けっこう怖い

クラミジアは日本で一番感染者が多い性病で、セックスをしなくても、フェラチオ、クンニ、素股でも感染します。
しかも感染力が強く、30%前後の確率で感染するので、過去、もしくはいま風俗で遊んでいるなら、感染している可能性がかなり高いでしょう。

クラミジアは自覚症状がないので、何年も前から感染したまんまという人もとても多いです。
自覚症状がないなら無害なのかというと、もちろん違います。

男性がクラミジアに感染すると、男性不妊の原因になります。
女性の場合も不妊症流産の原因になるのです。パートナーがいる場合や、子作りを考えている方は、早く検査・治療をしないと大変なことになってしまいます。
女性が病院で妊娠検査や不妊治療を受ける場合は、必ず性病検査も受けることになっています。
そこで奥さんに伝染(うつ)していたことが発覚、地獄のような修羅場に発展したなんて話も多いんですよ。

また、クラミジアに感染していると「HIV」に感染しやすくなります。
HIVの感染確率は、もともとはそれほど高くありません。コンドームなしでの性交で感染する確率は1%前後。100回に1回です。
しかし、クラミジアに感染していると感染確率が3~5倍に跳ね上がります。30回に1回~20回に1回ともなると、現実的に怖いですよね。

クラミジアは飲み薬で治るので、さっさと検査、治療してしまうのが得策です。

    クラミジア検査
  • 料金  8,800円(税込)
  • 診察料 0円

梅毒にはいつ感染してもおかしくない

梅毒はテレビや新聞で報道されている通り、患者数が激増しています。  

梅毒患者報告数人数

平成人数
平成12年759
平成13年585
平成14年575
平成15年509
平成16年533
平成17年543
平成18年637
平成19年719
平成20年827
平成21年691
平成22年621
平成23年827
平成24年875
平成25年1,228
平成26年1,661
平成27年2,690
平成28年4,559
出典:政府広報オンラインより

そのなかでも特に増えているのが東京と大阪です。
実際に東京にある当クリニックでも、検査で陽性反応が出て治療をされている患者さんがたくさんいます。年代も20代から70代までほぼすべての年代を網羅していますね。

梅毒感染者の約7割が性風俗店やデリヘル利用者で、70代以上は友人からの感染が多いです。
梅毒もクラミジアと同じく、セックスをしなくても、フェラチオ、クンニ、素股で感染します。
感染力も強く、感染者と1度セックスをしたりフェラをされたりするだけで15~30%の高確率で感染します。
とくに風俗利用者は、いつ感染してもおかしくない状況だといえるでしょう。

自覚症状はほぼなく、しこりや湿疹が出てもすぐに消えるので、気づかぬうちに進行していることが多い性病です。

梅毒は、以前は感染してから10年以上経つと全身を侵されて死亡する、治療法がない不治の病でしたが、いまは早期に治療すればほぼ完治します。
感染してから時間が経つと、治療の期間が長引くのでお金もその分かかります。
検査は早めに受けたほうがいいですね。

    梅毒検査
  • 料金  8,800円(税込)
  • 診察料 0円

B型肝炎の患者は少ないが…

B型肝炎は、一度感染してしまうと治療が難しく、徐々に肝臓を蝕んで肝臓がんを引き起こす原因になる感染症です。

感染力も高く、セックスやオーラルセックスだけではなく、キスでも感染します。
感染後、数年から十数年は症状がないので、検査をしないと自分が感染しているかどうかはわかりません。

当クリニックの患者さんではB型肝炎の方はごく少数ですが、今後増える可能性も否定できません。
心配な方はワクチンを打って予防することもできますよ。

    B型肝炎検査
  • 料金  8,800円(税込)
  • 診察料 0円

一番怖いのは、やはり「HIV」

自覚症状がないので検査をしないと感染しているかどうかがわからない性病として、クラミジア、梅毒、B型肝炎を紹介してきましたが、やはり一番怖いのはHIVでしょうか。

HIVに感染するとエイズに進行して「必ず死ぬ」とされていた20年ほど前までは、社会全体にエイズへの恐怖感が強くあり、検査を受ける人も多かったのですが、近年は関心が薄れていて検査を受けていない人が増えています。
HIV感染者の98%、つまりほとんどのHIV感染者は検査を受けていないと言われています。

検査を受けていないから発覚していないだけで、HIV感染者が増えていることは間違いなく、エイズを発症してから病院に来る「いきなりエイズ」の人が増えているのが現状です。

HIV/エイズ患者の年次報告数の推移

平成HIV感染者AIDS患者
198506
198605
19875514
19882314
19898021
19906631
199120038
199244251
199327786
1994298136
1995277169
1996376234
1997397250
1998422231
1999530301
2000462329
2001621332
2002614308
2003640336
2004780385
2005832367
2006952406
20071,082418
20081,126431
20091,021431
20101,075469
20111,056473
20121,002447
20131,106484
20141,091455
20151,006428

出典:国立感染症研究所

エイズ患者が年々増えているのは、先進国では日本だけです。
HIVの検査を受けていれば、エイズの発症を減らすことができます。

現在は、HIVに感染しても早期に治療を開始すれば、エイズを発症することなく一生過ごすことができます。
まずは一度、検査を受けてみましょう。

当クリニックでHIV検査を受けた方の陽性率は0.8%。100人に1人もいません。
少しでも不安なら、検査を受けてスッキリ安心してしまうのがいいのではないでしょうか。

    HIV検査
  • 料金  8,800円(税込)
  • 診察料 0円

いかがでしたでしょうか。
クラミジアにしろ、梅毒にしろ、HIVにしろ、何の症状も出ていないからといって放っておくと、取り返しのつかないことになりかねません。

性病検査を受けたことがないなら、自覚症状が出てないうちに検査を受けておくのが一番の安全策です。

即日検査、即日治療 オンライン診療も 性病の検査・治療はお任せください
不安があるなら病院・クリニックに早めに相談しましょう。ゲーテクリニックでは、即日検査が可能。治療も検査当日から開始できます。
GOETHEクリニック泌尿器科の詳細へ
野口 真康
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
日本性感染症学会 会員
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。
性感染症専門医として取材紹介されました