陰部のぶつぶつ、これって性病? デキモノや症状から何の病気かを知る

2024.2.13

陰部のぶつぶつ、これって性病? デキモノや症状から何の病気かを知る

記事監修 岡 淳寿 医師

陰部にぶつぶつができたら、「もしかして、病気?」と不安になることと思います。陰部の「ぶつぶつ」が、病気なのか、放っておいたら治るものなのか、「ぶつぶつ」の正体について解説します。

トイレやお風呂に入ったとき、ふと気づいたり、性行為の際にパートナーから指摘されたり…。
性器にぶつぶつがあると、不安になるものです。

「性病だったらどうしよう…」と思っても、誰にも相談できずに悩んでしまう方も多くみられます。性病と決めつけられて、パートナーや風俗店で拒否されるのもショックです。

陰部のできものが不安な方は、まずは医師に相談するのが安心への近道です。

陰部(ちんちん)にできた「ぶつぶつ」について

陰部のぶつぶつには性病によるものと性病でないものがある

陰部にできる「ぶつぶつ」は性病が原因のこともありますが、ニキビやほくろと同じように、生理現象の場合もあります。生理現象による「ぶつぶつ」は成人男性の半分以上に見られます。

紛らわしいことに、性病による「ぶつぶつ」の初期症状と、生理現象による「ぶつぶつ」は似ていることが多く、医師でないと判断が困難です。まずは、悪性か良性かを知ることが大切なので、すぐ病院に受診しましょう。

病気ではない「ぶつぶつ」

病気ではないぶつぶつは、自然現象によるもの

性病ではなく、生理現象による「ぶつぶつ」は、場所によってフォアダイス、真珠様小丘疹、包皮腺に分けられます。

良性のイボなので治療の必要はなく、性病でもないのでパートナーにうつることもありません。一概にはいえませんが、決まった場所にでき、ほぼ同じサイズのぶつぶつが並んでいるのなら、性病の可能性は低いといえるでしょう。

フォアダイス

皮脂腺が外側に飛び出てぶつぶつしている状態が、透けて見えているものをフォアダイスといいます。皮脂腺は皮脂を作る器官で、本来は毛根にあるものですが、毛根とは関係のないところにできてしまうとフォアダイスになります。

健康な男性の半数以上に見られる現象で、痛くもかゆくもありません。見た目が気になる場合は、レーザー等で除去できます。

真珠様陰茎小丘疹(しんじゅようしょうきゅうしん)

亀頭のカリ首を囲うようにできるぶつぶつ。光沢のある細かいぶつぶつが、1~2列で規則正しくリング状に並びます。脂肪のかたまりが出てきた生理現象で、痛みやかゆみなどの症状はありません。

包茎の方は亀頭に皮脂が溜まりやすくなるため、できやすいといえます。健康な男性の約20%に見られる現象で治療の必要はありません。

包皮腺

裏スジの両側にできる白いぶつぶつで、タイソン腺とも呼ばれます。油分を分泌する皮脂腺がふくらんだもので、基本的にぶつぶつの大きさは均一です。尖圭コンジローマの初期症状に似ているので誤解されやすいのですが、性病ではなく生理現象です。

包茎の方は、皮脂や汚れがたまるので包皮腺になりやすい傾向があります。皮脂や汚れは悪臭の原因にもなるので清潔にしましょう。

性病の「ぶつぶつ」

ぶつぶつのサイズがバラバラいろいろな部位にできている場合、性病の可能性が高くなります。ブツブツができる代表的な性病として、ニワトリのトサカ状やカリフラワー状のデキモノができる尖圭コンジローマ、赤いぶつぶつや水疱ができる性器ヘルペスがあります。

とくに尖圭コンジローマは、初期症状が生理現象によるぶつぶつとよく似ていて、痛みもかゆみもなく、見た目からも判別するのが難しい性病です。性病は放置すると症状が悪化したり、人にうつしたりするリスクがあるので、病院に受診すべきです。

ニワトリのトサカ状のデキモノ、カリフラワー状のデキモノがある<尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)>

こんな症状があったら、尖圭コンジローマの可能性があります。

  • ・尖ったトサカのようなデキモノ
  • ・カリフラワー状のデキモノ
  • ・デキモノの色はピンク色や褐色
  • ・デキモノのある部位は亀頭、カリ、包皮、陰のう、肛門など
  • ・放っておいたら大きくなった、増えてきた
  • ・痛みやかゆみはない
尖圭コンジローマとは
ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で、皮膚や粘膜の小さな傷からウイルスが侵入して繁殖し、発症します。潜伏期間が3週間~8ヶ月と長いため、いつどこで感染したかははっきりしません。

痛みやかゆみはありませんが、放っておくと腫瘍化して性器全体を覆い尽くし、癌化することもあります。他の性病を併発することが多く、女性は出産時に母子感染する恐れもあります。

尖圭コンジローマの診断方法

基本的には視診でデキモノを確認し、判断します。患部から検体を採取して、ウイルスの有無を確認することもあります。

  • 尖圭コンジローマの治療法
    薬物による治療と、外科的な治療があります。薬物は軟膏を用い、外科的治療では電気メスやレーザーで焼いたり、液体窒素で凍結したりします。体内からウイルスを完全に排除することはできず、再発の可能性があります。

赤いぶつぶつや水疱がある<性器ヘルペス>

こんな症状があったら、性器ヘルペスの可能性があります。

  • ・性器の周りに赤いぶつぶつ
  • ・性器の周りに水疱
  • ・水疱が破れてただれている
  • ・尿道から分泌物が出る
  • ・排尿時に強い痛み
  • ・太もものリンパ節が腫れている
性器ヘルペスとは
性器ヘルペスの原因は単純ヘルペスウイルス(HSV)への感染です。HSVには8つの型があり、性器への感染は主に2型。感染経路は性行為や、水疱に触れた手。

感染後、ウイルスは神経に潜伏しますが、健康なときに症状は現れません。ストレスや疲労などで抵抗力が落ちたり、性行為で刺激を与えたりすると、ウイルスが活性化して症状が現れます。

性器ヘルペスの診断方法

主に視診で判断します。検体を採取する検査や、血液検査で感染を確認する場合もあります。

  • 性器ヘルペスの治療法
    抗ウイルス薬を使用します。内服薬と外用薬の2種類があり、発症している部位や症状にあわせて選択します。現在の医療では神経に潜伏しているウイルスは排除できないため、再発の可能性があります。

1~5ミリくらいの表面がツルツルしたデキモノ<水いぼ>

こんな症状があったら、水いぼの可能性があります。

  • ・陰のう、陰毛が生えている部位、肛門周辺にぶつぶつ
  • ・ぶつぶつの大きさは1~5mm大
  • ・大きいいぼは中央がくぼんでいる
  • ・ぶつぶつの表面はなめらかで光沢がある
  • ・痛みやかゆみは特にない
水いぼとは
伝染性軟属腫ウイルスが原因の皮膚病。子どもに多く、タオルの共有などで子どもからうつるケースもみられますが、近年は性行為による感染が増えています。潜伏期間は2週間~1ヶ月。

抵抗力が落ちているときや、アトピー性皮膚炎の方は感染しやすくなります。自然に治ることもありますが、パートナーにうつす可能性があるので、早めに治療した方がよいでしょう。

水いぼの診断方法

主に視診で判断します。判断がつかなければ、いぼを採取して顕微鏡で調べることもあります。

  • 水いぼの治療法
    ピンセットでつまみ取るか、レーザーや液体窒素で除去します。現在、ウイルスを死滅させる治療はないため、いぼを除去する対症療法になります。

亀頭や亀頭のくびれにコブ、コブがつぶれている<軟性下疳(なんせいげかん)>

こんな症状があったら、軟性下疳の可能性があります。

  • ・亀頭やカリの周辺にコブ
  • ・コブのサイズは豆粒大
  • ・コブがつぶれて化膿している
  • ・化膿がひどくただれ、激痛がある
  • ・腐臭をともなった膿
  • ・足の付け根のリンパ節が腫れている
軟性下疳とは
軟性下疳菌という細菌が原因で、東南アジアやアフリカ、南米に多い病気です。日本国内での発症はほぼなく、感染する可能性があるのは海外。感染部位や、感染部位から出た膿、血液に触れることで感染します。

潜伏期間が2~7日ほどと短く、発症後は性行為ができないほどの激痛に襲われるので、パートナーへの感染は多くありません。また、軟性下疳の症状があるとHIVの感染リスクが高くなります。

軟性下疳の診断方法

視診と触診だけで診断が可能です。膿や体液を採取して検査することもあります。

  • 軟性下疳の治療法
    抗生物質を使用します。内服薬もしくは注射で投与しますが、ただれている患部には外用薬で対応します。軟性下疳菌は耐性化が速いので、治療後の確認検査が必要です。

亀頭や陰茎、亀頭のくびれにしこりがあり痛い<梅毒>

こんな症状があったら、梅毒の可能性があります。

  • ・性器に小豆~指先大のしこり
  • ・しこりに軟骨のような硬さがある
  • ・しこりの中心部が硬く盛り上がっている
  • ・足の付け根のリンパ節が腫れている
  • ・性器や肛門周辺に、扁平状のイボ
  • ・全身に赤い湿疹
  • ・全身に小豆~えんどう豆大の赤茶色の盛り上がり
梅毒とは
梅毒トレポネーマという細菌が原因。細菌が性行為を介して皮膚や粘膜の小さな傷から侵入して感染します。口の中に症状があると、キスだけでうつる可能性があります。

梅毒は4期にわたって進行し、早期であれば完治が可能ですが、末期では死に至ることも。1回の性行為での感染確率は20%以上といわれ、近年若い女性の間で急増しています。さらにHIV感染や母子感染のリスクもあります。

梅毒の診断方法

診察と血液検査で判断します。初期の数週間は正確な結果が出ないことがあるため、1ヶ月程度経ってから受診します。

  • 梅毒の治療法
    抗生物質を使用します。ペニシリン系の薬を2~12週間内服し、治療の6ヶ月後、12ヶ月後の血液検査により、治癒確認をします。

陰部の「ぶつぶつ」や「デキモノ」は市販薬で治療できる?

自分では判断が難しく、市販薬での治療は困難

自己判断で薬を探して治療するのは難しいといえます。「ぶつぶつ」は、細菌やウイルスによって治療法が異なります。一般人には原因が分からないうえ、そもそも処方は医師にしかできないもの。

性病には痛みやかゆみが出るものもあり、こうした自覚症状を和らげるものは市販薬にもあります。しかし対症療法であって、原因を除去するものではありません。正しく治療するために、まずは病院に相談しましょう。

症状が出たら、まずは病院で検査を!

陰部には良性、悪性を問わず、いろいろなぶつぶつができます。生理現象によるものは感染の心配はなく、気にならなければ治療の必要はありません。しかし、性病によるものを放置しておくと、重症化するだけでなく、HIVなど他の病気に感染しやすくなる恐れもあります。原因を特定し、正しく治療するためにも、早めに病院で受診しましょう。

GOETHEメンズクリニックは男性専用の性感染症医院です。スタッフは男性のみで、女性の目を気にする心配はありません。年中無休、オンライン診療も可能ですので、すぐにでも治療を開始したいという方は、気軽にご相談ください。

岡 淳寿
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。