尖圭コンジローマの症状について|男女別症状・セルフチェックの仕方を紹介

2022.10.31

尖圭コンジローマの症状について|男女別症状・セルフチェックの仕方を紹介

記事監修 野口真康 医師

性器に、イボに似たできものが発生する性感染症のひとつである尖圭コンジローマは、放置すると重症化する恐れがあるため、早期治療が必要です。ここでは、尖圭コンジローマの症状や感染経路、検査や治療方法などについて詳しく解説します。

尖圭コンジローマの症状について

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)のはたらきにより、性行為および性行為に似た行為が原因となって感染する、ウイルス性性感染症の一種です。粘膜の接触により、体内にウイルスが侵入することで感染します。

男性・女性どちらも発症し、コンジローマの他にコンジロームとも呼ばれます。

尖圭コンジローマの症状は、性器や肛門の周辺にできもの(イボ)ができることです。色はグレー・白・黒・ピンク・茶色など、人によってさまざまです。中には、口内・唇・喉などにもできものが現れ、口内炎と間違える場合もあります。

できものの形状としては、トサカ・カリフラワーなどと例えられることが多いです。できものは、最初は米粒ほどの大きさで数個発生しますが、次第に数が増え小豆ほどの大きさになっていきます。

症状が出始めるのは、感染機会後1~ヶ月と、潜伏期間が比較的長い点が特徴です。

中には、1年以上の潜伏期間を経て発症する人もいます。このため、感染経路が明確でない場合もあります。痛みや痒みがないことが多いですが、人によっては自覚症状によって感染に気づきます。

男性の発症部位
男性は、亀頭の先端部分および冠状溝が主な発症部位とされています。ほかにも、包皮内外板(包皮の内側および外側部分)、尿道口、陰嚢、会陰(陰嚢と肛門の間)、肛門内、肛門周辺などに見られます。
男性が尖圭コンジローマに気づくきっかけとして多いのは、性行為の際にパートナーに指摘されることです。ほかには、自慰行為中に触れたり、歩いているときに違和感を感じたりして気づく人もいます。

セルフチェックシート

尖圭コンジローマに自分が感染したのではないかと思う男性は、以下のセルフチェックシートを使ってチェックしてみましょう。

できものができた箇所

  • ・亀頭の先端
  • ・包皮内外板
  • ・冠状溝(陰茎体と亀頭の境部分)
  • ・会陰
  • ・陰嚢
  • ・尿道口
  • ・肛門の内側および周辺

できものの色

  • ・白
  • ・ピンク
  • ・黒っぽい茶色
  • ・黒

できものの形

  • ・先が尖っている
  • ・ニワトリの鶏冠に似ている
  • ・乳首(乳頭)に似ている
  • ・カリフラワーに似た形である
  • ・ざらざらとした表面である

上記のうち、当てはまる項目があれば、尖圭コンジローマに感染している疑いがあります。

女性の発症部位
女性は、主に大小陰唇および膣の内側などに発症します。ほかに、肛門付近および内部、クリトリス、尿道、卵管、卵巣、子宮、膀胱など、幅広い部位で発症することも珍しくありません。
痛みや痒みを感じるケースは少ないものの、放置するとできものが大きくなり、数も増えていきます。
女性が尖圭コンジローマに気づくのは、パートナーとの性行為のほかに、クリニックや脱毛サロンなどでVIO処理をしようとして指摘を受けたり、自分で陰毛を処理するタイミングで気づいたりするケースもあります。


セルフチェックシート

尖圭コンジローマに自分が感染したのではないかと思う女性は、以下のセルフチェックシートを使ってチェックしてみましょう。

できものができた箇所

  • ・膣前庭
  • ・会陰
  • ・大小陰唇
  • ・尿道口
  • ・肛門周辺および肛門内

できものの色

  • ・白
  • ・ピンク
  • ・黒っぽい茶色
  • ・黒

できものの形

  • ・先が尖っている
  • ・ニワトリの鶏冠に似ている
  • ・乳首(乳頭)に似ている
  • ・カリフラワーに似た形である
  • ・ざらざらとした表面である

上記のうち、当てはまる項目があれば、尖圭コンジローマに感染している疑いがあります。

尖圭コンジローマの感染について

最初に少し触れたように、尖圭コンジローマは性行為を通じて感染する性病です。では、具体的な感染経路および感染する確率は、どのくらいなのでしょうか。それぞれについて詳しく理解を深めましょう。

感染経路
尖圭コンジローマに感染する経路の大半は、性行為です。膣での性行為、オーラルセックス、アナルセックス、キスのいずれも感染のきっかけとなります。異性・同性に関係なく、性行為によって感染が起こるのです。
どの性行為による感染かによって、発症する箇所も異なります。膣への感染であれば、膣壁や子宮の入口に発症します。
オーラルセックスをすると、口や喉で発症する原因となります。口だけでなく、唇にも感染することがあるため、通常のキスであっても相手に感染させる可能性は十分に考えられます。なお、口腔内にできた尖圭コンジローマは、見た目が口内炎と類似していますが、尖圭コンジローマは痛みがない点が判断材料です。
性病の中には、タオルの共有で感染するものもありますが、尖圭コンジローマはタオルの共有による感染はほぼないとされています。
うつる(感染する)確率
尖圭コンジローマに罹患している人との性行為により、60%から80%の高い確率で感染します。感染してから発症するまでの潜伏期間が、数ヶ月から1年と長く、症状が出るまでは感染していても気づくことができません。

尖圭コンジローマは自然治癒する?

尖圭コンジローマは、ほとんどが良性病変だという点が特徴であり、自然治癒が全く見込めないわけではありません。感染した人のうち、20%から30%の人は3ヶ月以内に自然治癒するとのデータもあります。

しかし、自然治癒したように見えても、ヒトパピローマウイルスが完全に消滅したとは限らないのです。少数ながら、悪性病変で重症化する恐れもあるため、自然治癒を待つことは避けるべきです。

尖圭コンジローマを放置すると、男性は大切なパートナーに感染させてしまうかもしれません。

症状が進行すると、できものが増えて治るまでに時間がかかるほか、リスクの高いウイルスが潜んでいる可能性も考えられるのです。

尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスは、低リスク型と高リスク型の2つに分けられます。尖圭コンジローマは、低リスク型のウイルスが主な原因ですが、高リスク型のウイルスも同時に見つかるケースがあります。

高リスク型のウイルスは、男性は陰茎ガン、パートナーの女性は子宮頸がんを発症させることが分かっているのです。

女性が尖圭コンジローマを放置すると、上記で解説した男性のリスクに加え、妊娠している場合は赤ちゃんに感染するおそれもあります。赤ちゃんが産道を通ることで、ウイルスに感染してしまうと、赤ちゃんも尖圭コンジローマを発症したり、まれなケースですが多発性咽頭乳頭腫という症状が現れることもあります。

尖圭コンジローマは再発しやすい病気です

ヒトパピローマウイルスは、体から完全に排除できないウイルスです。

治療によって、尖圭コンジロームの症状であるできものを取り除いても、周辺にウイルスが残っていると新たなできものができてしまいます。

尖圭コンジローマは、一度できものがなくなっても、3ヶ月以内には4人に1人の患者さんが再発するとされています。

このため、治療が終わっても3ヶ月間は通院して、再発がないかどうか診察してもらうことが必要です。

ヒトパピローマウイルスは完全に排除できないので、再発を防ぐためには、体の免疫力を高めることが大切です。

免疫力が高いと症状が出にくくなるため、再発しても過度に心配する必要はありません。きちんと治療をすれば、確実な治癒が目指せます。

尖圭コンジローマと間違われる病気

性器周辺にできる病気の中には、尖圭コンジローマと間違われる病気もいくつか存在します。

それぞれの病気における、症状の違いやできものの部位・形などを解説しますので、しっかり区別するようにしましょう。

フォアダイス

フォアダイスとは、陰茎および包皮部に発生する白いできものやブツブツをさします。人によっては唇に発生することもあります。

直径は1mmから2mm前後と小さく、ブツブツの正体は脂肪の塊です。

フォアダイスは、できものの大きさが揃っている・表面が滑らかであるなどの特徴があり、成人男性のうちおよそ60%から65%の方に見られる良性の生理現象です。

性病ではないため、人に感染する恐れもなく、治療も必要ありません。尖圭コンジローマは、できものの大きさはまちまちで、表面も滑らかではありません。

真珠様陰茎小丘疹

真珠様陰茎小丘疹とは、フォアダイスと同じく白いできものやブツブツが無数に発生しますが、発生箇所は亀頭の外側です。

まるで真珠のネックレスのように、光沢を持ったブツブツがリング状に規則正しく並びます。

フォアダイス同様、生理現象であるため治療は必要なく、痛みや痒みなどの自覚症状もありません。成人男性のうち、およそ30%で見られます。

包皮腺

包皮腺とは、包皮小帯(裏の筋)に発生する白いブツブツであり、タイソン腺と呼ばれることもあります。

ブツブツの中に垢が溜まりやすいため、異臭の原因となっています。包皮腺も生理現象のひとつですが、発生直後の初期段階では、尖圭コンジローマと区別がつきにくい場合もあります。

尖圭コンジローマの検査を病院でしましょう

尖圭コンジローマは、正しく診断を受けた上で治療すれば、確かな治療が目指せる病気です。診断を受けるには、病院での検査が必要不可欠です。

パートナーに感染させないため、また自分自身の症状を悪化させないためにも、早い段階で病院で検査を受けましょう。

  • 検査方法
    尖圭コンジローマは、できものが視診で確認できれば、検査が可能です。検査を受けられるのは、性病科・泌尿器科・皮膚科・婦人科などがあります。
    通常は、医師の問診と視診のみで診断できます。悪性病変ではないという確定診断をする場合は、臨床診断・病理診断・低リスク型HPV検査などを実施することもあります。
    できものができている部分を綿棒などでこすり、細胞を採取して調べるのが一般的です。なお、低リスク型HPV検査は、尖圭コンジローマの感染を確定するものではなく、感染するリスクについて調べます。

治療について

尖圭コンジローマの治療法は、塗り薬の利用もしくは液体窒素による冷凍凝固法を行うか、症状の度合いにより医師が判断するのが一般的です。

塗り薬の利用は、イミキモドクリームという軟膏を患部に塗布し、ウイルスが増殖するのを抑えつつできものを排除します。治癒までに日数がかかるため、根気よく塗り続けることが大切です。

冷凍凝固法では、-196℃の液体窒素を含ませた綿棒を患部に押し当て、凍結壊死させてできものを除去します。凝固法だけでは治癒が難しいため、塗り薬と併用して治療を行います。

レーザー光線や電気メスなどを使って、できものを直接切除する手術療法もありますが、ウイルスが生き残るため再発する可能性が高く、手術だけでの完治は不可能です。冷凍凝固法と同様、塗り薬の塗布を並行して行う必要があります。

検査費用について

東京で、八重洲院と池袋院の2院を構えているGOETHE MEN’S CLINICは、男性専門の性病クリニックです。

自費診療のメリットを活かして、検査や治療がスピーディーに受けられるよう努めています。

当院における尖圭コンジローマの検査費用は17,600円です。検査結果が出るまで1週間かかりますが、不安な方には結果が出る前に薬をお渡しすることも可能です。

尖圭コンジローマの検査・治療はお任せください!
尖圭コンジローマを含む性病は、放置していても治ることはなく、さまざまなリスクが高まってきます。
性病に罹患したのではないかと不安になったら、すぐに病院で適切な検査を受け、早急に治療を始めることが重要です。
GOETHE MEN’S CLINICでは、即日検査ができ、検査したその日から治療が始められます。不安を感じている人は、まずは早めに検査を受けるようにしてください。
GOETHEクリニック泌尿器科の詳細へ
野口 真康
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
日本性感染症学会 会員
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。
性感染症専門医として取材紹介されました