尖圭コンジローマは治療すべき?自然治癒する?|治療法と原因 男女別の症状を解説

2022.10.28

尖圭コンジローマは治療すべき?自然治癒する?|治療法と原因 男女別の症状を解説

記事監修 野口真康 医師

陰部にできたおかしなイボ。ちょっとした異常が起こるだけでも気になる部位なのに、見た目にグロテスクなイボができたら、とても不安になります。
ネットでいろいろ調べていくうちに「尖圭コンジローマ」という病気に行き当たり、このページに来てくださった方も多いと思いますが、そのイボは治療しないとマズいものなのでしょうか。放っておいたら自然に治るということはないのでしょうか。
確かによく似た形のイボで病気でないものも存在します。ただ本当に尖圭コンジローマだった場合、見ないふりで放置しても恐らく治りません。病院での治療が必要です。踏ん切りがつかず病院へ行く気になれないのなら、まずは尖圭コンジローマについて知ってください。

尖圭コンジローマとは?

「ヒトパピローマウイルス(HPV)」という、生殖器とその周辺の粘膜にイボを作るウイルスによる性感染症です。
「尖圭(せんけい)」とは尖っている(とがっている)という意味で、その名の通り、先端の尖った大小のイボができます。
イボ以外の自覚症状が出ないことが多いのですが、イボの数が増えたり、大きくなったりすると、痛みやかゆみといった自覚症状が現れやすくなります。

イボのサイズが小さかったり、見えにくい部分にできたりすると気づきにくくはあるのですが、先端が尖っているので他の病気とは見分けがつきやすいイボです。
例えば梅毒で発症する扁平(へんぺい)コンジローマは平らで滑らかなイボ、ほかのウイルス性のイボも表面がザラザラしていたり、形がドーム型だったりします。

尖圭コンジローマ患者数は男性では増加傾向にある

ここ10年で見ると感染者数全体の推移は横ばいながら、男性では増加傾向が見られます。
男女別では男性の方が多くなりますが、これは男性器が表に出ていて目につきやすく、気付きやすいのも一因。
女性の場合は膣内にできてしまったら検査しない限り気づけません。

年代では20代の患者数が圧倒的。20代前半までは女性の方が多いことから、今後女性も増えることが予測されます。また医療機関を受診していない人も含めた実際の罹患者数はもっと多くなります。

尖圭コンジローマの原因

イボの原因となるヒトパピローマウイルスはこれまでに150種以上の遺伝子型が発見されていて、そのうちのいくつかが尖圭コンジローマを発症させます。
イボができるメカニズムと、他にどんな病気の原因になるのか、見ていきましょう。

ヒトパピローマウイルス(HPV)がイボを形成
ヒトパピローマウイルスは正式にはヒト乳頭腫ウイルスと言い、略称のHPVはhuman papilloma virusの頭文字をとったもの。
ヒトパピローマウイルスが感染するのは皮膚や粘膜です。皮膚も粘膜も、ウイルスや細菌、その他有害なものから身体を守るシールドの役割を果たしています。性行為等、何かのきっかけでシールドに小さな傷ができると、その傷からウイルスが入り込んで皮膚や粘膜の基盤となる細胞に感染。感染を受けた細胞はウイルスを抱えた状態で次々に細胞分裂を起こし、正常な細胞を押しのけてどんどん増えていきます。
こうしてできた感染細胞のかたまりがイボ。ヒトパピローマウイルスは、健康で傷のない皮膚には感染できないと考えられているので、予防するには傷つきやすい部位ほど気を付ける必要があるということになります。
ヒトパピローマウイルスについて
ヒトパピローマウイルスには遺伝子型が150種以上あり、型によってがん化したり、良性のイボになったりと様々です。
ヒトパピローマウイルスが原因で発症する悪性の病気としては、男性では陰茎がん、女性では子宮頸がん、膣がん、外陰がんがあります。喉頭咽頭がん、肛門がんの原因になることもあります。
良性のイボとしては、手足にできる尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、手や額、頬、ひざ下などにできる青年性扁平疣贅、呼吸器にできる腫瘍で喉頭乳頭腫などがあります。尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスも、ローリスクな型になります。

主な感染経路について

尖圭コンジローマは、そのほとんどが性行為や、性行為に類する行為によって感染します。
性感染症であるからには、コンドームを着用することでかなり防げるはずですが、この病気の場合、会陰部や肛門など、わりと広い範囲に症状が現れるので、コンドームでカバーし切れないこともあります。

実際、感染者との性行為でうつる確率は非常に高く、60~80%と言われています。詳しく解説します。

性行為による感染
尖圭コンジローマのおもな感染経路は、異性間、同性間を問わず性行為です。ノーマルな性器性交やアナルセックスを介して性器や肛門に感染し、先の尖った小さなイボができます。
オーラルセックスをしていれば、当然、口にも感染します。喉や舌、口腔内に、性器や肛門と同じように先の尖ったイボができます。口腔内にできたコンジローマは口内炎と間違いやすいのですが、痛みがあれば口内炎、痛みがなければ尖圭コンジローマと、痛みがあるかどうかで判断できるので目安にしてください。
オーラルセックスを介して性器から口、口から性器へとウイルスは拡がっていきますが、キスを介して口から口へうつる可能性もあります。コンジローマは口腔内だけでなく唇にできることがあり、相手の唇が感染していれば、ディープキスではない通常のキスでもうつることは十分にあり得るのです。さらに、ヒトパピローマウイルスが付着している手で性器に触れても、やはり感染する可能性があります。
その他の感染経路
患部に触れた自分の手指で自分の肛門に触れて感染を拡げてしまう、親や医師の手指を介して子どもにうつしてしまうというケースが稀にあります。また、妊娠中に母親の性器が尖圭コンジローマに感染していれば分娩時に赤ちゃんにうつす可能性があります。
基本的には直接接触で感染するので、タオルの共用等でうつることはほぼありません。また、皮膚に傷や炎症があると、より感染しやすくなります。

主な症状について

男性の症状
男性で尖圭コンジローマができやすい場所は、亀頭の先端部分、カリ首、包皮の内側や外側、陰のう、会陰(陰のうと肛門の間)、肛門のまわりなど。尿道や肛門の中までイボが拡がることもあり、この場合は治療がなかなか困難になります。
イボは、白、ピンク、褐色、黒色など、色はさまざまで、サイズは径2~3ミリ大から指の先くらい。先の尖った形や乳頭状のイボが徐々に増えていき、大きくなるとニワトリのトサカやカリフラワーのような状態になることもあります。
ただ、症状の進み方には個人差があるので、イボが大きくなるスピードや増えるスピードは人それぞれ。自覚症状はほとんどありませんが、イボの大きさやできた場所によって痛みやかゆみが出る場合もあります。
女性の症状
女性の場合は、小陰唇(ビラビラ)や大陰唇(ビラビラの外側の部分)、膣前庭(ビラビラの内側)、会陰(膣と肛門の間)、尿道口、肛門のまわり、肛門の中などに尖圭コンジローマができます。また、膣や子宮頸部といった性器の内部に発生することもあります。
イボの色は白やピンク、褐色、黒色などさまざま。径2~3ミリ大から指先くらいの大きさが多く、形は先が尖っていたり、乳頭状だったりします。イボの数が増えて大きくなると、ニワトリのトサカやカリフラワーのような形状になることもあります。
イボが大きくなるスピードや増えるスピードは人それぞれですが、放っておくと、患部の面積がどんどん拡がってしまうことも。また痛みやかゆみといった自覚症状はほとんどありません。

放置した場合のリスクについて

人によっては、放っておくことでイボが大きくなり、数も増え、患部が拡がっていくことがあります。さらに感染したヒトパピローマウイルスが高リスク型だと、がん化する可能性が。
男性では陰茎がん、女性では子宮頸がんになる恐れがあります。

女性は赤ちゃんへの影響も考えなければなりません。性器が尖圭コンジローマにかかった状態で出産すると、赤ちゃんにうつすことがあるのです。
赤ちゃんがヒトパピローマウイルスに感染すると、お母さんと同じように尖圭コンジロームになったり、あるいは喉にイボができる咽頭乳頭腫になったりする可能性があります。

このほか、1度治ったと思っても再発を繰り返しやすいのも尖圭コンジローマの特徴です。

尖圭コンジローマと間違いやすい病気

見た目がよく似ていても、生理現象によるイボもあります。
決まった場所にある、サイズがほぼ均一、規則的に並んでいるなどの特徴があれば、その可能性が高くなります。病気ではないので、人にうつすこともありません。

フォアダイス
陰茎の表皮や包皮の下にできるイボをフォアダイスと言います。皮脂腺が外側に飛び出してぶつぶつしている状態が透けて見えているだけの生理現象で、病気ではありません。
皮脂腺というのは皮脂を作る器官のこと。毛根の根本にあるのが本来ですが、毛根とは関係のないところにできてしまうことがあり、これがフォアダイスになります。健康な男性の半数以上に見られますが、見た目が気になる場合はレーザー等で除去することもできます。
真珠様陰茎小丘疹
亀頭のカリ首を囲うようにできる小さなイボを真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)と言います。1~2mm大で光沢のある細かいイボが、1~2列のリング状に規則正しく並んでできます。
フォアダイスと同じくやはり生理現象で、脂肪のかたまりがポツポツ出てきた、言ってみればニキビのようなもの。健康な男性の約20%に見られますが、亀頭部分に皮脂が溜まりやすくなる包茎の人はとくに真珠様小丘疹ができやすくなります。
包皮腺
包皮腺(ほうひせん)は、亀頭と包皮をつなぐ裏スジ部分にできる白いイボのこと。タイソン腺とも呼ばれ、イボの形は球状あるいは鉛筆状です。皮脂を分泌する皮脂腺がふくらんでできたもので、大きさは基本的に均一。尖圭コンジローマの初期症状によく似ていますが、フォアダイスや真珠様小丘疹と同じく生理現象です。
包茎だと、包皮との間に皮脂や汚れが溜まりやすく包皮腺にもなりやすくなります。皮脂や汚れは悪臭の原因にはなるので注意した方がよいでしょう

潜伏期間について

尖圭コンジローマは潜伏期間が長く、発症は平均すると感染の2~3ヵ月後と、忘れたころにイボが出てきます。
個人差も大きく、感染から3週間後の人もあれば8カ月後の人も。
そのため正確な感染時期や相手の特定が難しくなります。

尖圭コンジローマの検査方法と検査費用

イボが目で見て確認できれば、検査可能です。

受診科は男性なら、性病科、泌尿器科、女性なら婦人科へ。また皮膚科でも検査できます。
イボが小さく、痛い、かゆいといった自覚症状もないと、受診のきっかけがつかみにくいかもしれませんが、早めに検査するに越したことはありません。

  • 検査方法
    患部のイボをこすって検査を行います。尖圭コンジローマのイボは独特の形なので、典型的な形であれば視診でも判断がつきますが、イボの形成が不十分だと視診だけでは難しいことがあります。また、感染を確定するには病理組織学診断が必要になるため、イボから検体を採って検査します。
    尖圭コンジローマの場合、ほかのウイルス感染症のように血中抗体でウイルスの有無を確認するということが難しく、イボの発症を待ってからの検査となります。

治療について

尖圭コンジローマの治療法には、薬による治療法と外科的な治療法があります。
イボができ始めてどのくらい時間が経っているか、イボの数や大きさがどのくらいか、イボのできた場所はどこかによって選択する治療法が変わってきます。

  • 塗り薬による治療
    イボができ始めてから時間が経っていなければ、専用のクリームで治療を行います。イミキモド(ベセルナ)というクリームを週3回、就寝時に自分で塗り、翌朝洗い流すという方法で、自宅で治療できるのが大きな利点。
    ただし、8週~16週と治るまでには少し時間がかかります。また、人によって副作用が強く出ることもあります。
  • 外科手術
    イボのサイズが大きい、数が多い場合、外科手術で対応することもあります。専用の器具で切除する、電気メスで焼く、レーザー光線で取り除くという方法があり、イボの周囲に麻酔をして行います。手術は日帰りで可能。
    ただ、目に見えるイボを取り除いたからといってウイルスを完全に取り除けたとは限らないので、最低3カ月は経過を見る必要があります。
  • 冷凍凝固
    イボのサイズが小さい、数が少ない場合、凍結療法を行うことがあります。液体窒素を含ませた綿棒をイボに数秒間、何度かあててイボを凍結壊死させるという方法で、日帰りでできる処置ですが、1~2週間ごとに繰り返す必要があります。
    また、処置による痛みは多少はありますが、麻酔するほどではありません。

治療についてよくある質問

自分にできたイボはどうやら尖圭コンジローマらしい。
病院へ行った方がよいのはわかっているけれど、自分で何とかできるものなら対処したい…。

自力で治す方法はないのか、自然に治ることはないのか、よくあるご質問にお答えします。

尖圭コンジローマのイボを自分でちぎっても大丈夫ですか?

自分でちぎったり、ハサミで切ろうとしたりする人がいますが、尖圭コンジローマは感染症。
ウイルスの混じった血が出血すると、かえってウイルスを拡散させることになりかねません。
イボを大きくしてしまったり、数を増やしてしまったりするだけでなく、炎症になることもあります。
自己処理によって悪化した状態を治すことの方が難しくなることもあります。絶対にやめてください。

尖圭コンジローマは自然治癒しますか?

風邪などと違い、ほとんど自然治癒しません。
ごく初期の段階で、かつ免疫力も高まっていると、稀に自然治癒することがあるようですが、その場合もヒトパピローマウイルスが体内からいなくなったとは限りません。
再発の可能性があるので、早めに病院へ行くことをおすすめします。

予防するためには何をすればいいですか?

性感染症の予防の基本はコンドームの使用です。
ただ、尖圭コンジローマの場合、広範囲に感染があるとコンドームだけではカバーし切れないことも。
ヒトパピローマウイルスには有効なワクチンがあります。
不特定多数と性交渉を行う場合はワクチンを接種すると安心です。

即日検査、即日治療 オンライン診療も 尖圭コンジローマの検査・治療はお任せください
尖圭コンジローマは、放っておくとイボが大きくなったり、増えたりして、自然治癒することのほとんどない性感染症です。病原体のヒトパピローマウイルスは、基本は良性でローリスクですが、感染したウイルスの型が万が一ハイリスク型だと、がん化の可能性もあります。男性では陰茎がん、女性では子宮頸がんになるリスクがあり、とくに女性は妊娠中に感染して赤ちゃんにうつすと、赤ちゃんの身体に尖圭コンジローマを発症させてしまうこともあります。
イボができる以外の自覚症状に乏しいことから、目につくところにイボができない限り、感染に気づけないのが、尖圭コンジローマの一番の難点。また、治療してイボがなくなってもウイルスが居残っていることは多く、再発を繰り返しやすい病気でもあります。
気づかずに相手に感染させてしまうことのないように、おかしいと思ったらすぐに検査を受けるようにしましょう。
GOETHE MEN’S CLINICでは即日の検査が可能で、治療もその日から始められます。
GOETHEクリニック泌尿器科の詳細へ
野口 真康
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
日本性感染症学会 会員
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。
性感染症専門医として取材紹介されました