治らない亀頭包皮炎の治療について|どんな薬が効く?治らない理由は?

2022.10.31

治らない亀頭包皮炎の治療について|どんな薬が効く?治らない理由は?

記事監修 岡 淳寿 医師

亀頭包皮炎は、男性器の亀頭部分が赤みを帯び、腫(は)れたり、包皮がむくんだりする病気です。この記事では、亀頭包皮炎の治療方法や治りづらい原因、症状が悪化する要因などについて詳しく解説します

亀頭包皮炎は、男性器の亀頭部分が赤みを帯び、ひどくなると腫れたり、包皮がむくんだり、膿(うみ)が出たりする病気です。

デリケートな部位であるために、「恥ずかしいから」と病院を受診しない方も多いようです。しかし、市販薬を使っておけば「そのうち治るだろう」と安易に考えるのは危険です。

亀頭包皮炎になりやすい人は?

包茎=恥垢がいっぱい

亀頭包皮炎は、亀頭と包皮の間に細菌が繁殖することで炎症を起こす病気。亀頭と包皮の間にあかやカスがたまりやすいことが主な要因です。子どもがかかることも多いのですが、その理由は亀頭が包皮で包まれているため。つまり大人でも包茎の人はかかりやすいといえます。

主な原因としては細菌によるもの(細菌性亀頭包皮炎)と、真菌によるもの(カンジダ性亀頭包皮炎)が挙げられ、混合感染しているケースもあります。また、炎症を起こしている箇所が亀頭だけの場合は亀頭炎、包皮のみの場合には包皮炎と呼ばれています。

治らない亀頭包皮炎がある?理由は?

亀頭包皮炎は病院へ行かないと治らない

一般的に、亀頭包皮炎は処方された塗り薬をきちんと塗っていれば、1週間程度で治ると言われています。しかし、なかにはなかなか完治しづらいケースがあるのも事実です。

病院を受診せずに放置している場合は論外ですが、病院で診断を受けて、治療を始めているにもかかわらず治りづらい場合には、どのような理由が考えられるのでしょうか。

薬が合っていない

市販薬では治りにくい

第一に、薬が合っていないケースが考えられます。病院に行かずに、自己判断で市販のかゆみを抑える塗り薬などを使用していませんか。まずは病院を受診し、医師の判断を仰ぐのが賢明です。

とはいえ、細菌によるものなのか、カンジダによるものなのかは、症状が似ているため医師でも判断は難しいもの。尿検査や血液検査、培養検査などを行わず、問診と視診のみの診断で薬を処方された場合は注意が必要です。さらに細菌性・カンジダ性の混合感染の場合は非常にやっかいです。

いずれにしても、原因菌に合わせた適切な薬が必要不可欠。病院で処方された薬を使用していても、なかなか完治しない場合は、早急に医師に相談しましょう。

洗いすぎにより症状が悪化する

必要以上に洗いすぎると症状が悪化する可能性も

亀頭包皮炎の予防には、亀頭部分を清潔に保つことが効果的です。しかし、せっけんやボディソープで必要以上にゴシゴシ洗いすぎると、逆に症状が悪化する可能性が高まります。

特に、カンジダ性亀頭包皮炎については注意が必要です。そもそもカンジタ菌とは常在する菌ですが、亀頭と包皮を清潔にしようとして洗い過ぎると、良い菌がいなくなってしまい、ガンジタ菌だけが残り、余計に症状が悪化する悪循環に陥ってしまうのです。

せっけん類を一切使用せずに、お湯で優しくすすぐようにしましょう。

糖尿病を患っている場合

糖尿病は傷が治りにくい

糖尿病は、インスリンが十分に働かず、血液中の糖が増えてしまう病気。糖尿病が万病の元と言われるのは、さまざまな合併症を起こしやすくするためです。

亀頭包皮炎も糖尿病の合併症のひとつ。高血糖で血流が悪くなり、皮膚の柔軟性が低下し、伸びた時にヒビ割れや裂けが生じて発症します。

また、糖尿病には傷ができると治りにくいという特徴があります。そのため、糖尿病の人は亀頭包皮炎にかかりやすく治りにくくなるのです。

亀頭包皮炎は人から人にうつります

亀頭包皮炎は人から人にうつる

亀頭包皮炎は、性感染症に分類されていません。原因菌が常在菌であることと、通常はパートナーに感染させることがないためです。

しかし、原因菌となるカンジダ菌は女性に多いとされる常在菌。男性の免疫力低下時に、カンジダ膣炎の女性と性行為をすると、亀頭包皮炎にかかるリスクが高いと言えます。

性行為以外で亀頭包皮炎になる原因には、洗いすぎや自慰行為による傷、包茎などが挙げられます。

亀頭包皮炎の検査と費用

医師による診察が改善への第一歩

亀頭包皮炎であるか否かの診断は、一般的に医師による問診と視診によって行われます。

細菌性亀頭包皮炎のおそれがある場合は「細菌培養検査」で原因菌を特定します。この検査では粘膜や皮膚から恥垢(ちこう)を採取し、増殖させてから、菌の有無や種類を調べます。専用設備で菌を一定量に増やすのに日数がかかるため、結果が出るまで数日かかるのが一般的です。

他には、「尿検査」「血液検査」があります。尿検査では尿を採取して、細菌や真菌の感染を調べます。血液検査では炎症の程度やヘルペスウイルス抗体の有無、糖尿病の可能性などを調べます。

検査費用は6,000~10,000円が目安です。

亀頭包皮炎の治療

治療の基本は塗り薬

亀頭包皮炎の主な治療法は、抗生剤による軟膏(なんこう)塗布です。強い炎症が見られる場合には、医師の判断により経口の抗生剤投与と併用して治療が行われます。

細菌性の亀頭包皮炎の治療薬

  • ・リンデロンやラミシール、ゲンタシンなどの抗炎症剤
  • ・クラリスやクラビット、フロモックス、オゼックスなどの抗生物質を含む飲み薬を併用するケースもある

カンジダ性の亀頭包皮炎の治療薬

  • ・アスタット軟膏などの抗菌剤塗り薬
  • ・キンダベートやグリメシン、ロコイドなどのステロイド含有塗り薬
  • ・塗り薬と併用する抗真菌内服液が処方されるケースもある

症状が出たらはやめに病院を受診しましょう

デリケートな部位であるだけに、「恥ずかしくて病院に行きづらい」「そのうち治るだろう」という人がいるかもしれませんが、心当りがあれば病院での受診をおすすめします。

また、市販薬による自己判断での治療は絶対に避けましょう。カンジダ性の場合、市販薬での改善は見込めませんし、刺激が強すぎるおそれもあります。まずは病院で原因となる病原体を突き止め、適切な治療を行うことが大切です。

GOETHEメンズクリニックは男性専用の性感染症医院です。尿検査によって病原体(細菌性orガンジダ性)を調べます。自由診療であるため、ご希望の方には、検査結果が出る前に軟膏などの処方が可能です。

スタッフは男性のみで、女性の目を気にする心配はありません。年中無休ですので、すぐにでも治療を開始したいという方は、お気軽にご相談ください。

▼亀頭包皮炎についてはこちらの記事でも詳しく解説
https://goethe.clinic/std/issue/balanoposthitis/

岡 淳寿
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。