梅毒の感染経路・原因を解説|心当たりが無いのに感染する理由は?

2022.10.31

梅毒の感染経路・原因を解説|心当たりが無いのに感染する理由は?

記事監修 野口真康 医師

近年、「梅毒」の感染者が若い人を中心に急増しています。梅毒は進行性の病気で、放っておくと重篤な症状を引き起こしますが、初期のうちは感染に気付きにくく、注意が必要です。この記事では、梅毒の具体的な感染経路や原因について解説します。

近年、「梅毒」の感染者が若い人を中心に急増しています。梅毒は、主に性交渉によって感染が広がる性病です。

また、進行性の病気であることから、放っておくと重篤な症状を引き起こすだけでなく、性器をはじめとする全身に症状が出るといった特徴を有しています。

加えて、初期のうちは感染したことに自分で気づきにくいことから、治療の遅れや感染拡大につながりやすい危険を伴っているため、注意が必要です。

梅毒は、江戸時代の頃は感染すると死に至ると恐れられていた性病でした。しかし現代では、早期発見・治療に努めることで、完治が難しくない病気になっています。

反対に、「症状が見られないから」「検査は恥ずかしいから」とモタモタしてしまっているうちに病状が進行し、全身に症状が広がってしまいます。

本記事では、梅毒の具体的な感染経路や原因について網羅的に解説しています。もし、本記事で紹介する内容に心当たりがあった場合は、あなた自身と大切なパートナーを守るためにも、ぜひ早急に検査を受けてください。

梅毒の感染経路・原因について

梅毒の原因は、「梅毒トレポネーマ」という細菌によるものです。梅毒トレポネーマは、感染した人の症状が出ている部位や、血液、精液、腟分泌液などに存在し、性行為によって人から人へ感染します。

梅毒トレポネーマという細菌そのものは空気に触れると死ぬ弱い細菌ですが、粘膜や皮膚から体内に侵入後、数時間ほどでリンパ節に到達すると血液をめぐって全身に広がります。

そのため、時間がたつにつれ、発疹を始めとする症状が全身に出てくるのです。

梅毒は、さまざまな性行為により感染することがありますが、なかでもコンドーム無使用のノ―マルセックスによる感染報告が特に多いことで知られています。

また、梅毒の病変部位が口の中にある場合は、キスでも感染します。

人によっては、唾液に病原菌が含まれていることもあるでしょう。1回の性行為で20%以上の非常に高い確率で感染することも梅毒の特徴のひとつです。

以下では、梅毒の具体的な感染経路について説明します。

感染経路1 ノーマルセックス
梅毒の感染経路で最も多く報告されているのは、感染者の粘膜と直接接触する性行為によるものです。具体的には、コンドームなしのノーマルセックスなどが挙げられます。
ノーマルセックスにより陰部に感染し、性器周辺やリンパ節に症状が現れます。
また、梅毒はコンドームではかぶせることのできない箇所の皮膚に感染することもあります。
例えば、ペニスの根本部分などです。そのような箇所が梅毒に侵されていた場合は、たとえコンドームを着用していたとしても感染のリスクがあるのです。
感染経路2 アナルセックス
梅毒は、アナルセックスなどの性的接触でも感染の危険性を伴います。
梅毒は、基本的に粘膜を通して感染します。膣や男性器の表面、直腸など極めて敏感な粘膜に病原体である「梅毒トレポネーマ」が、小さな傷口から体内に入り込むことで発症するのです。
特に、アナルセックスが直腸を傷付けやすい行為ということもあって、梅毒の感染リスクが極めて高いことで知られています。
感染経路3 オーラルセックス、キス
梅毒トレポネーマは、精液、膣分泌液、血液、傷口からの浸出液といった体液に入り込みます。こうした体液が、梅毒にかかっていない人の粘膜などと直接接触することで菌が入り込み、感染が拡大するのです。
梅毒トレポネーマは、傷口からも感染するリスクがあるため、キスも感染経路になり得ます。感染の可能性があるオーラルセックスには、以下のような内容が含まれます。

  • ・コンドーム着用なしで他者のペニスを舐める(フェラチオ)
  • ・他者の膣を舐める(クンニリングス)
  • ・フェラチオをしているときに、口の中に精液を出される、または、出された精液を飲み込む

妊娠中はお腹の赤ちゃんにも感染する

梅毒は性交渉を介して広がることが多いです。しかし、妊婦が梅毒に感染してしまった場合、梅毒の原因となる梅毒トレポネーマが産道を通過すると、出生前の胎児も梅毒に感染する可能性が存在します。

新生児が梅毒にかかった状態で誕生した場合は、「先天梅毒」として生後すぐから治療を開始しなければならなくなります。先天梅毒は、赤ちゃんの神経や骨などに障害をきたす、おそろしい病気です。

大切な我が子を感染させないためには、妊娠時に早めに妊婦検診をして、感染していた場合、パートナーも含めて治療に専念することが重要です。

高齢者に梅毒が増えている??なぜ?

近年は、高齢者でも性行為があることから年齢に関わらず、梅毒に感染するリスクが高まっています。

しかし、高齢者は間違って陽性反応が出る「擬陽性」も多いものです。特に、歯周病などを患っていると、陽性反応が出てしまいやすい傾向にあるため、入念な検査が欠かせません。

高齢者で身に覚えが無い場合は、さらに詳細な検査をすることが大切なのです。

日常生活で感染する?

梅毒の感染経路は、性交渉によるものが最も多いです。

空気感染はもちろん、日常生活のなかで感染する可能性は限りなく低いため、むやみに怖がらず、正しい知識や理解を深めることが肝要です。

下記では、日常生活のなかで梅毒する主なパターンとその感染経路について紹介します。

  • 温泉やお風呂・トイレでの感染
    不特定多数が利用する温泉やお風呂では、状況によってはごく稀に梅毒に感染することがあります。
    たとえば梅毒トレポネーマが糊着していた風呂イスなどと自身の性器が接触した場合です。
    同じくトイレの便座に梅毒トレポネーマが存在していた場合は、感染のリスクが0とは言い切れなくなります。
    トイレでは下半身を露出するため、どうしてもこうした可能性がある点を完全に否定することはできないのです。
    ただし、風呂イスは使用前にシャワーで洗い流せば感染確率を下げられますし、お湯に浸かれば感染力を限りなく0に近くまで低減できます。
  • タオル使用による感染
    梅毒トレポネーマは、熱や乾燥に対する抗体を持っていないため、一度粘膜や体液から離れると生存が難しくなります。そのため、感染者と食器やタオルを共有したからといって、感染するケースはほとんどありません。

梅毒患者

梅毒の感染者は、若者を中心に年々増加傾向にあります。我が国では1948年から梅毒の発生を報告する制度が設けられています。この制度により報告された患者数は、1967年の11,000人が最多で、以降は何回かの流行を経て、減少傾向にありました。

しかし2010年から梅毒の感染者数は増加傾向にあります。特に2013年から2018年までの5年間で、6倍近くにまで急増しているほどです。

直近の2019年、2020年については減少傾向となりましたが、いまだに高い水準が続いてるため注意が必要です。
日本で梅毒が再流行した要因には、日本の風俗店を利用する海外渡航者が増え、そこから持ち込まれたことが考えられます。現在は、従来の治療で使用されていた抗生物質が効かない「薬剤耐性菌」が検出されたという報告も見られます。

そのため、これまで以上に予防と、速やかな治療が重要になっているのです。

梅毒の感染確率

梅毒の感染確率は、数ある性病のなかでも特に高いことで知られています。感染から1年未満の梅毒患者との、1回のセックスで感染する確率は、15〜30%にものぼります。

コンドームを着用することで、ある程度感染リスクを食い止めることはできますが、必ずしも予防ができるわけではないのが現実です。

そのため、新しいパートナーができた際には、体が触れ合う機会の前に、一緒に検査を受けることが望ましいといえます。

梅毒の潜伏期間

梅毒は、感染後、およそ1週間から13週間程度の潜伏期間を経て発症します。ただし、実際に症状が出るまでの期間は、個人の免疫力などによって異なるため、非常に個人差があります。

初期症状が全く出ていなくても、梅毒に感染しているようなケースもあるため、症状だけで判断することは難しいのが現状です。

ただし、医療が発達した現在では、比較的早くから治療を開始する症例が多く、抗生物質などの治療薬も有効であるため、第3期、第4期といった末期にまで進行するケースはほとんどありません。

完治するまでの期間

医療の発達した現代では、梅毒で死に至る症例はほとんどどなく、発見さえ遅れなければ、比較的簡単に治癒が望める病気です。重度にならなければ、完治も難しくありません。

梅毒が治るまでの期間は、第何期かによって異なります。第1期の場合は、2~4週間程度、第2期の場合は4~8週間程度の治療期間で完治するケースが一般的です。

また仮に、第3期まで進行していても適切な治療を受ければ、約12週前後で治療可能でしょう。

感染経路不明「心当たりがない」が最も危険
梅毒は、身に覚えが無いのにいつの間にか感染してしまっていたというケースが非常に多いものです。特に、パートナーが不特定多数との性交渉を行っていない場合には、「自分は大丈夫だろう」と楽観視してしまいがちです。
しかし、キスでも感染が広がる梅毒は、普通の人でも感染している可能性が十分にあります。加えて、初期のうちは症状が出ないため、知らぬ間に感染していて、お互いに心当たりが無いということは決して珍しくない話なのです。
梅毒に罹患した場合は、パートナーと一緒に検査を受け、早めの治療を開始することが最優先です。
症状が軽いからなどの理由で放置してしまうと、病状が進行するだけでなく、感染が拡大してしまうおそれがあるので、軽く考えず、きちんと向き合いましょう。
病院で見落とされていることも
梅毒は、病院で見落とされていることもあるため、節目節目で検査をすることが理想です。特に女性は、結婚および出産を控えたタイミングで、1度は検査しておいて損はありません。
なぜなら、妊娠中の感染は子供へ先天性の障害が起こる危険があるためです。
梅毒は、性病であるがゆえに、検査を受けることには抵抗があるかもしれません。
しかし、梅毒の感染から長い月日が経ってしまっては、取り返しがつかなくなってしまいます。
後々、「あの時、きちんと検査をしておけば…」と後悔しないためにも、定期的な検査をおすすめします。

不安になったら、まずは病院で検査を!

梅毒は、ほぼ自然治癒しない病気です。感染したまま放置していると、さまざまなリスクが生じます。こうしたリスクを軽減するためにも、早めの検査と然るべき治療を行うのが最優先です。

即日検査、即日治療 オンライン診療も 梅毒の検査・治療はお任せください
GOETHEでは8,800円(税込)から、即日検査が可能です。不安があれば、その都度受診いただきたいため、診察の結果、再検査が必要になる場合は、診察料・再診料は無料です。

匿名検査もOKなので、少しでも不安な方は、ぜひお気軽にご相談ください。
GOETHEクリニック泌尿器科の詳細へ
野口 真康
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
日本性感染症学会 会員
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。
性感染症専門医として取材紹介されました