B型、C型肝炎の感染経路について|キス、性行為、血液接触など

 

B型肝炎ウイルス(HBV)やC型肝炎ウイルス(HCV)に感染している人は、日本国内ではおよそ100人に1人。パートナーなど身近な人が感染しているのなら、病気について正しく知っておくことが大切です。

 

B型肝炎、C型肝炎について

肝炎とは、肝臓の細胞に炎症が起き、肝細胞が破壊されていく病気のこと。原因はいくつかあり、日本ではほとんどがウイルス性だと言われています。

とくに多いのがB型肝炎とC型肝炎。原因となるウイルスの型や感染経路はそれぞれ違いがありますが、どちらも慢性化すると肝硬変や肝がんに進行する恐れがあります。

B型肝炎患者の推移

B型肝炎の報告数は、全体としては減少していますが、平成22年以降、若干、増加傾向にあります。

図1 B型肝炎患者数

 

C型肝炎患者の推移

C型肝炎の報告数は、近年はほぼ横ばいの傾向にあります。ただし、日本国内のHCV(C型肝炎ウイルス)感染者は約100万人とも言われ、感染に気付いていない、あるいは通院していない人も多くいることが予測されます。

図2 C型肝炎患者数

 

感染経路について

B型肝炎は血液や体液、C型肝炎は血液を介して感染します。どんな感染経路があるのか、具体的に見ていきましょう。

 

B型肝炎の感染経路

B型肝炎はHBV(B型肝炎ウイルス)に感染することで発症する病気です。血液のほか、精液のような体液を介して感染することから、母子感染、カミソリや歯ブラシなどの共用、性行為が主な感染経路になります。

感染の形態には、一時的な感染(一過性感染)と持続感染(キャリア)とがあり、大人になってから初感染した場合、免疫機能が発達しているので多くは一過性感染で終わります。症状も大半の人には出ず、急性肝炎を起こすのは20~30%です。

 

母親からの感染

母親がHBVに感染していると、出産時、血液を介して赤ちゃんに感染することがあります。持続感染(キャリア)になる原因の多くは、この母子感染。HBVへの感染時期が低年齢であればあるほどキャリア化しやすく、HBV感染者の母親から生まれた赤ちゃんは、とくに予防策がとられなければほぼ100%の確率でHBVに感染し、そのうち85~90%がキャリア化することが分かっています。そのため、現在では生後すぐに感染予防策がとられるようになっています。

 

ウイルス保持者からの感染

HBV(B型肝炎ウイルス)は、感染者の血液に含まれています。したがって、血液が付着する可能性のあるものを共用することで感染する恐れがあります。血液が付着する可能性のあるものとは、カミソリや歯ブラシ、入れ墨やピアスの穴開け器具といった施術用器具、違法薬物使用時の回し打ちで使う注射針や注射器など。

さらにHBVは、感染者の精液や膣分泌液、唾液といった体液にも含まれていることから、性行為によっても感染します。実際、感染経路として現在最も多いのも性行為です。具体的には、コンドームなしのあらゆる行為、つまりノーマルな膣性交だけでなく、アナルセックス、オーラルセックス、またディープキスにも感染の可能性があります。とくに傷や炎症があるとリスクが高くなります。

感染の可能性がある性行為

  • コンドームなしの膣性交
  • コンドームなしの肛門性交
  • コンドームなしのオーラルセックス
  • ディープキス

 

注意が必要な行為

HBVは、血液や体液を介して感染するため、通常のキス程度であれば、感染リスクはそこまで高くありません。

ただし、唇や歯茎などから軽く出血している場合もあるため、注意は必要です。このほか、性行為の際はコンドームを使用する、B型肝炎ワクチンを接種する等、正しい知識を持ち、適切な予防を行いましょう。

 

C型肝炎の感染経路

C型肝炎はHCV(C型肝炎ウイルス)に感染することで発症する病気。血液を介して感染し、輸血や薬物使用時の注射針・注射器の共用などが感染経路になります。B型肝炎とは異なり、血液に直接触れる以外で感染する可能性は高くないので、通常の性行為で感染することは多くありません。

またHCVにも一時的な感染(一過性感染)と持続感染(キャリア)がありますが、HCVの場合、一度感染すると約70%がキャリアになることが分かっています。

 

血液を介した感染

HCV(C型肝炎ウイルス)は、感染者の血液に含まれているため、血液と直接が接触する可能性のあるものを介して感染します。多いのは輸血(検査方法が変わり、現在、新規感染者はほぼいない)、このほか、消毒されていない器具でピアスの穴を開ける、入れ墨を彫る、違法薬物を回し打ちするといった行為が該当します。

また、母親がHCVに感染していると、出産時に赤ちゃんに感染することもありますが、その確率は5~10%程度で、HBVほど高くありません。

 

性行為による感染

HCV(C型肝炎ウイルス)は、HBVとは異なり体液にはほとんど含まれていません。したがって性行為で感染することは稀です。

ただし、性行為でも出血を伴う行為では、感染リスクが高くなります。たとえば生理中のセックス、粘膜が裂けて出血しやすいアナルセックスなどが該当します。また、口の中に出血がある場合も感染リスクがあるため、ディープキス等にも注意が必要です。

感染の可能性がある性行為

  • 生理中のセックス
  • アナルセックス
  • その他、出血を伴う性行為

 

注意が必要な行為

HCVは、血液を介して感染します。唾液では感染しないので、通常のキス程度で感染することはありません。ただし、唇や歯茎などに出血がある場合は注意が必要です。

また性行為も、出血を伴うような行為さえなければ、感染することはほとんどありません。粘膜部分が傷ついていたり、出血していたりする可能性はゼロではないので、コンドームは使用した方がよいでしょう。常識的な社会生活をしていれば、感染することはまずありません。

 

B型肝炎、C型肝炎の症状について

肝炎にはウイルスに感染して間もなく起こる急性肝炎と、長期間、ウイルスが肝臓にとどまって起こる慢性肝炎があります。B型肝炎は慢性化しにくく、C型肝炎は慢性化しやすいのが特徴で、慢性肝炎を起こすと、肝硬変、肝がんへと進行する恐れがあります。

 

B型肝炎の症状

B型肝炎は、急性肝炎と慢性肝炎に大きく分けられます。急性肝炎の場合、数カ月の潜伏期間後、全身のだるさや食欲不振などが現れます。慢性肝炎は持続感染者に起こり、感染後、数年~数十年間は肝炎の症状はとくには現れません。

 

急性B型肝炎

急性B型肝炎の潜伏期間は、1~6カ月。その後、全身のだるさ、食欲不振、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。また、濃いウーロン茶のような褐色尿が出たり、黄疸が出て、目の白目の部分や皮膚が黄色くなったりします。

大人になってからの感染では、免疫機能ができあがっていることから、こうした急性肝炎を起こすのは全体の20~30%。ごく稀に劇症化して肝不全を起こすことがありますが、大半の人では、数週間で自然に治まっていきます。

そもそも急性肝炎にもならず、とくに症状が出ないまま自然に治っていくことがほとんどなので、必要以上に恐れることはありません。

急性B型肝炎の自覚症状

  • 全身のだるさ
  • 食欲不振
  • 吐き気、嘔吐
  • 褐色尿
  • 黄疸

 

C型肝炎の症状

C型肝炎の場合も、急性肝炎と慢性肝炎に分けられます。B型肝炎と大きく異なるのが、急性肝炎を起こすのは稀であり、自覚症状がないまま60~80%の人で慢性化するという点。肝硬変や肝がんへ進行する頻度もB型肝炎より多くなります。

 

急性C型肝炎

急性C型肝炎の潜伏期間は2~14週間。潜伏期間後、だるさや疲れ、発熱、食欲不振、吐き気といった症状が現れます。このほか、褐色尿が出たり、眼球の白目の部分や皮膚が黄色くなる黄疸が出たりします。

ただし、急性肝炎を起こすのは稀なケースで、たいていは、感染していても自覚症状がありません。しかしながら、自覚症状がないにもかかわらず、60~80%もの人が慢性肝炎を起こすというのがC型肝炎の特徴。これが、ほとんど慢性化しないB型肝炎と大きく異なる点です。

急性C型肝炎の自覚症状

  • だるさ、疲れ
  • 食欲不振
  • 吐き気、嘔吐
  • 褐色尿
  • 黄疸

 

慢性C型肝炎

HCVに感染すると、とくに自覚症状のないまま、約60~80%の人が慢性肝炎を起こします。自覚症状がある場合でも、他の病気でもよくある、だるい、疲れやすい、食欲がないといった程度。そのまま気づかずにいて、肝臓の炎症状態が長期間続くと、約30~40%の確率で肝硬変に進行。

さらに年率約7%の頻度で肝がんを起こす可能性があります。C型肝炎の進行はゆるやかで、次の段階へ進むのに5年~10年かかりますが、進行するほど、肝がんを発症する確率も高くなっていきます。

 

B型肝炎、C型肝炎の検査と検査費用について

B型肝炎、C型肝炎とも、血液検査でウイルスに感染しているかどうかを調べます。画像検査や、肝臓の組織を採って調べる肝生検を行うこともあります。

 

病院での検査

血液検査のほか、画像検査や肝生検なども行うことがあります。検査結果、問診、これまでの病歴等も見ながら、総合的に判断します。

 

B型肝炎の検査

血液検査でHBVの抗原(HBs抗原)の有無を調べます。この検査では、HBVが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出することで、HBVが体内に存在するかどうかを確認します。

さらにHBe抗原とHBe抗体の検査で感染力の強さを調べます。HBs抗原もHBe抗原もHBVを構成するタンパク質ですが、前者はウイルスの外側(外殻)を、後者はウイルスの内側を構成しています。このほか、ウイルスの量やタイプ、肝機能の状態の検査、また肝臓の状態や進行状況を調べる画像検査も行います。

 

C型肝炎の検査

血液検査で、HCVの抗体(HCV抗体)があるかどうかを調べます。抗体とは、HCVが体内に入ったときに、身体が反応して作る物質のこと。過去、現在にかかわらず、HCVに感染したことがあるかどうかが分かります。

さらに遺伝子検査で、今現在、感染しているかどうかを調べ、陽性だとC型肝炎だと判断されます。ウイルスのタイプや肝機能の状態、炎症の程度、また肝臓の状態や肝硬変への進行状況等を調べるため、画像検査や肝生検を行うこともあります。

 

検査キットの使用

検査キットを使えば、自分で検査用の検体を採り、専門機関で検査をしてもらうことができます。B型肝炎、C型肝炎では専用のランセットという器具で、指先から少量の血液を採取します。検査キットはインターネット通販で取り寄せることができます。

 

検査費用

B型肝炎ウイルス精密検査

8,800円(税込)

C型肝炎ウイルス精密検査

8,800円(税込)

 

B型肝炎、C型肝炎とも、感染機会から1カ月経過していれば、検査が可能です。検査結果は4~5日後となり、お電話で確認いただけるほか、必要な場合は書面のご用意も可能です。感染している場合は、専門の医療機関をご案内いたします。なお、GOETHE MEN’S CLINICでは男性の検査のみ、実施しております。

 

B型肝炎、C型肝炎の治療について

B型肝炎ではウイルスの増殖を抑えること、C型肝炎ではウイルスを駆除することが治療の目標になります。治療方法について解説します。

 

B型肝炎の治療

急性B型肝炎の場合、肝臓を保護し、肝機能を改善する肝庇護療法で大半は治ります。ただし、稀に劇症肝炎を起こして死亡するケースがあり、注意が必要です。一方、慢性B型肝炎の場合は、HBVを体内から駆除することができないため、ウイルスを抑え、肝硬変や肝がんへの進行させないことが治療の目的になります。

治療法には、肝庇護療法のほか、ウイルスが増えるのを防ぐ抗ウイルス療法、免疫療法等があります。B型肝炎は軽症でも発がんの可能性があるため定期的な検査も大切です。

 

C型肝炎の治療

慢性C型肝炎の治療ではHCVを体内から駆除することが目的になり、治療法には、抗ウイルス療法、肝庇護療法があります。抗ウイルス療法では、HCVに直接作用し、ウイルスの増殖を抑える飲み薬を使います。

2014年頃までは、体内のウイルスを排除するインターフェロンという物質を注射や点滴で増やすという治療法が主流でした。この治療法は効果に波があり、治らないことも多かったのですが、今では抗ウイルス薬の飲み薬でほとんどのケースが治るようになっています。

 

B型肝炎、C型肝炎についてよくある質問

感染した場合、自然に治るのか、どう予防したらいいのか、どんなことに注意して過ごせばよいのか等、B型肝炎、C型肝炎について、よくある質問にお答えします。

 

B型肝炎、C型肝炎は自然治癒しますか?

大人になって初めてHBV(B型肝炎ウイルス)に感染すると、大半が一過性感染になります。この場合、肝炎を発症しなければ、70~80%は自然治癒します。また急性肝炎を発症した場合でも90%は自然治癒します。HCV(C型肝炎ウイルス)への感染では、20~30%が自然治癒します。

このように自然治癒は十分あり得るのですが、劇症化したり、慢性化したりすると命にかかわるため、必ず病院で検査・治療を行うべきです。

 

B型肝炎、C型肝炎を予防するためには何をすればいいですか?

性行為の際はコンドームを使いましょう。また、他の人の血液に直接触れないこと、カミソリや歯ブラシ等、他の人の血液が付着している可能性のあるものを共用しないことが大切です。

このほか、B型肝炎はワクチンでの予防が可能です。3回接種が基本で、副反応としては、接種した部位の痛み、腫れ、接種後の発熱などがあります。

 

感染が疑われる場合はすぐに検査、治療を受けましょう

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、肝炎等、何か障害が起こっても自覚症状が出にくい部位。B型肝炎やC型肝炎も知らないうちに進行しがちで、検査をして初めて分かったということもよくある病気です。

肝臓は栄養素や毒素を分解する臓器なので、だるさ、疲れ、食欲不振などが症状として出やすいのですが、ほかの病気でも起こり得る症状であり、肝臓が原因とはなかなか気づけないかもしれません。おかしいなと感じたら早めに検査を受けるようにしましょう。

GOETHE MEN’S CLINICでは、予約なしで即日検査が可能です。また、パートナーがB型肝炎やC型肝炎の患者さんなのであれば、性行為の際にはコンドームを使う等、感染予防のためにお付き合いのルールを設けておくことも大切です。

 

 

料金について

クリニックへのアクセス

 

記事の監修者:野口 真康
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
日本性感染症学会 会員