おしっこの時に痛い かゆい 男性の排尿痛の原因と治し方を解説

2022.10.31

おしっこの時に痛い かゆい 男性の排尿痛の原因と治し方を解説

記事監修 野口真康 医師

ツーンとしたり、しみたり、チクチクしたり…。排尿時に突然痛みを感じたら、何の病気にかかったのかと不安ですね。トイレに行くこと自体も怖くなります。男性の排尿痛にはいろいろな原因があります。順に見ていきましょう。

排尿時に痛みを感じると、何かの病気なのかと不安になりますよね。「また痛んだら…」と思うと、トイレに行くこと自体も怖くなってしまいます。男性の排尿痛には、どのような病気の可能性があるのでしょうか。この記事では、排尿痛の原因となる病気と、その治療法について解説します。現在、排尿痛に悩んでいるという方がいたら、ぜひ参考にしてください。

おしっこするときに痛い 男性の排尿痛について

排尿痛の原因は、男性の場合、尿道炎や前立腺炎が大半です。女性の場合は膀胱炎がほとんどですが、これは女性の尿道が短く、しかも膀胱のすぐ下に位置するためです。男性は尿道が長いうえ、尿道と膀胱の間に前立腺があるので、膀胱炎よりも尿道炎や前立腺炎になりやすくなります。

ただ、排尿状態が悪くなると、本来なりにくいはずの膀胱炎にかかってしまうことも。また病気の種類にもよりますが、男性では排尿の終わりごろに痛みを感じることが多くなります。

性感染症による尿道炎(淋菌、クラミジア、マイコプラズマ)

エッチの後に尿道が痛い、排尿の終わりごろに痛い、尿道の出口のところが腫れているといった症状がある場合、性感染症による尿道炎を起こしている可能性があります。原因として考えられるのは、クラミジア、淋菌、マイコプラズマやウレアプラズマなどへの感染。多いのはクラミジア、淋菌で、検査をすると病原体が数種類見つかることもあります。

感染経路は、クラミジアや淋菌などに感染した人との性交渉。ノーマルな性器性交だけでなく、オーラルセックスやアナルセックスによっても感染します。最近とくに増えているのが喉を介した感染です。喉の性病は、自覚症状がほとんどないのが特徴。感染に気づくことが難しく、オーラルセックスを介して無自覚に相手にうつしてしまうケースが増えています。

クラミジアや淋菌は、相手の喉や性器等の粘膜から尿道へと侵入すると、尿道の粘膜部分に付着して増殖。炎症を引き起こすために、尿道の痛みやかゆみ、違和感などが生じます。

尿道炎の症状

細菌などの病原体は、尿の出口から侵入して感染を拡げていきます。尿道に炎症が起きると、排尿時に痛みを感じる、尿道から膿が出るといった症状が現れますが、細菌の種類ごとに特徴があります。主なものを紹介します。

淋菌性尿道炎

排尿時に激しい痛みがあり、尿道から大量の膿が出ます。淋菌感染による膿は、黄白色でドロッとしているのが特徴。尿道炎を放置すると精巣上体炎へと進行。陰のうの腫れや痛み、発熱が現れます。潜伏期間は2~9日間が目安。

クラミジア性尿道炎

排尿時に軽い痛みや違和感が現れます。尿道から出る膿は、淋菌感染によるものとは異なり、透明で水っぽいのが特徴。このほか、陰茎の不快感、かゆみが出ることも。潜伏期間は1~3週間ですが、感染しても症状が出にくく、感染を自覚しにくい病気です。

マイコプラズマ・ウレアプラズマ性尿道炎

排尿痛や尿道のかゆみ、不快感などがありますが、かなり軽く、尿道から出る膿も少量。最近感染者が増えている病気で、尿道炎の検査で淋菌もクラミジアも検出されない場合はマイコプラズマ、ウレアプラズマの可能性が高いです。潜伏期間は1~5週間。

  • 尿道炎の検査と治療(淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ)
    原因菌にかかわらず、検査は尿で行います。結果が陽性の場合は抗生物質の飲み薬が処方されます。ただし淋菌は、薬剤耐性菌の問題があり、飲み薬のみの治療は推奨されていません。抗生物質の静脈注射で対応します。治療後は、期間を空けて再検査を行い、陰性が出れば治療完了となります。

    再発しやすいこともあり、抗生物質だけ欲しいことがあるかもしれませんが、残念ながら市販薬はありません。お薬だけが欲しい場合も、病院への受診が必要になります。

膀胱炎

膀胱は尿を溜めておくところ。その膀胱に尿道を遡って病原体が入り込み、膀胱の粘膜が炎症を起こすのが膀胱炎です。尿道が3~4cmと短く、膀胱に細菌が侵入しやすい女性に比べ、男性はかかりにくい病気です。その理由は2つあります。

1つは、男性は身体の構造上、尿道が18~20cmと長いこと。細菌は、尿道に入り込んでも排尿のたびに流されてしまい、膀胱にはなかなかたどり着けないのです。

2つめに、膀胱の手前に前立腺があること。前立腺の分泌液が細菌の侵入を防ぐうえ、位置関係上、炎症を起こすとすれば前立腺が先になるためです。ただし、尿道炎や前立腺炎によって排尿がスムーズでないと膀胱内に細菌が繁殖してしまい、男性でも膀胱炎を発症することがあります。

膀胱炎の症状

排尿時にチクチクと差し込むような痛みがある、トイレの回数が多くなる、残尿感がある、尿が濁る等の症状が現れます。チクチクとした痛みは、炎症を起こしている膀胱が排尿によって急に縮まり刺激されるのが原因。

排尿の終わりごろに痛むことが多く、また下腹部や尿の出口の痛みとして現れることもあります。膀胱炎になると尿の中に細菌が増え、細菌と戦うために白血球も集まってくるため、尿が白く濁るようになります。ひどくなると血が混じることもあります。

  • 膀胱炎の検査と治療
    検査は尿で行い、細菌や細菌を倒す白血球が混じっていないかを調べます。細菌の種類を特定するための尿の培養検査や、炎症の度合いを見るための血液検査を追加することもあります。

    治療には抗生物質を用います。症状が軽ければ飲み薬で、高熱があるとき、体内の炎症がひどい場合では点滴を行う場合もあります。ボーコレンや腎仙散、猪苓湯といった市販の漢方薬もありますが、男性の場合、原因となっている尿道炎や前立腺炎の治療も必要になる場合が多く、注意が必要です。

急性前立腺炎

前立腺は男性にしかない器官で、精液の成分となる前立腺液を分泌するところ。膀胱のすぐ下に位置し、尿道を取り囲むような構造をしています。この前立腺に炎症が起きる病気が前立腺炎。急性と慢性の前立腺炎がありますが、名前が似ているだけで全く別の病気です。

急性前立腺炎は、尿の出口から侵入した細菌が前立腺に感染して起こります。前述したように、女性だと尿道が短く、しかも膀胱まですぐなので、細菌が尿道に侵入すると膀胱炎になりやすくなります。

これに対して男性の場合は、膀胱までの途中に前立腺があるため、膀胱ではなく前立腺で細菌が繁殖しやすくなるのです。細菌が尿道を遡って前立腺に感染すると、ここが炎症で腫れあがり、排尿時に激しい痛みを伴うことになります。

急性前立腺炎の症状

排尿痛や頻尿、残尿感といった膀胱炎に似た症状が現れます。これは前立腺が炎症を起こしてパンパンに腫れあがることで、尿道や膀胱が刺激されるため。尿の勢いが急激に落ちる、尿が出にくくなる、尿が出なくなることもあります。

膀胱炎と大きく異なるのが、38度以上の高熱が出ることが多い点。全身に細菌が回ると倦怠感が起こり、下腹部痛が現れることもあります。また会陰部(陰のうと肛門の間)の痛みや悪寒などを感じることもあります。

  • 急性前立腺炎の検査と治療
    尿検査や尿培養検査で、尿の中の細菌や白血球を調べます。また炎症の度合いを診るための血液検査、尿道に異常がないかを調べる超音波検査も行います。医師によっては、肛門から指を入れて前立腺を触診する直腸診を行うこともあります。

    治療には抗生物質を用います。軽症であれば飲み薬で改善することもありますが、たいていの場合、点滴が必要になります。炎症の度合いがひどい、全身の状態が悪い場合は入院になることもあります。

慢性骨盤痛症候群

慢性骨盤痛症候群とは、慢性前立腺炎のことです。細菌感染が原因の急性前立腺炎とは異なり、細菌が関係していない前立腺炎になります。原因はまだ特定されておらず、いろいろな要因が重なりあって起こるとされています。

主な要因として考えられているのが骨盤内の血流障害。前立腺炎と言っても前立腺が悪いとは限りません。骨盤内の血流が滞ると、膀胱や尿道、精のう、前立腺といった骨盤内にある臓器に血液が行き届かなくなりますが、そのせいで慢性的な炎症を起こすことがあるのです。

加えて疲労やストレス、お酒の飲みすぎ、長時間座りっぱなしなどの要因が重なると発症しやすくなります。排尿痛や会陰部(陰のうと肛門の間)の痛み、足の付け根の違和感など、症状はさまざま。治りにくい病気でもあります。

慢性骨盤痛症候群の症状

排尿時の痛み、トイレに頻繁に行く、残尿感があるといった排尿症状のほか、陰茎や陰のう・会陰部(陰嚢と肛門の間)が痛い、足の付け根の部分につっぱる感じがある、睾丸が引っ張られる感じがする、亀頭がピリピリする、下腹部痛がある等の症状が出ることもあります。

前立腺は精液を作る器官なので、精液に血が混じることもありますし、勃起力が落ちる、性欲が減退するといった性機能障害になる場合も。足の裏や太ももの裏側の痛み、しびれなどを感じることもあり、症状は人によってさまざまです。

  • 慢性骨盤痛症候群の検査と治療
    いくつかの検査を行い、慢性骨盤痛症候群と似た症状のある病気の可能性を除外していきます。細菌感染かどうかを確かめるための尿検査、尿路結石や前立腺肥大症の可能性を調べるための腹部超音波検査、また性感染症の疑いがある場合はクラミジアPCR検査、膀胱がんの除外のための内視鏡検査を行うこともあります。

    特効薬となる治療法はまだないため、血流をよくするための生活指導、薬物での治療のほか、場合によっては漢方薬や鍼灸、電気刺激なども併用しながら、根気よく治療を続ける必要があります。

尿路結石

尿路とは尿の通り道のことで、腎臓、尿管、膀胱、尿道を指します。この尿路に尿中にあるカルシウムやシュウ酸などの成分が結晶化して結石になるのが尿路結石です。三大激痛のひとつと言われるほど激しい痛みが特徴。再発率も高く、5年間で30~40%、期間を限定しなければ60~80%にもなります。

とくに男性は結石になりやすく、7人に1人が一生に一度はなると言われるほど。偏った食事や運動不足、肥満や生活習慣病のほか、脱水症状になりやすい夏場に多く発症します。

結石は腎臓でできますが、腎臓にあるうちはまだ痛みはありません。尿管に出て、膀胱に至る途中で詰まると激痛が走ります。詰まったり動いたりする小さい結石ほど痛みが強くなります。

尿路結石の症状

排尿痛、とくに排尿の終わりごろの痛みのほか、血尿、慢性的な腰痛、背中の違和感や痛み、腹部から背中・脇腹にかけての痛みなどが起こります。尿路結石の中でもとくに痛みが激しいのが尿管結石。

症状としては、突如とした脇腹から下腹部にかけて激しい痛み、冷や汗、吐き気、陰部の痛みなどが挙げられます。痛みは数日から数十日の間続くことが多く、尿道には狭い部分があることから、結石がそこに詰まったり動いたりすることで痛む度合いが変わります。

  • 尿路結石の検査と治療
    CT検査で結石のある位置、サイズ、硬さなどを調べます。超音波検査や腹部レントゲン検査を行う場合もあります。
    治療は、結石のサイズによって方針が変わります。10mm以下であれば自然排石を期待して経過観察を行います。10mm以上の場合は衝撃波で、15~20mmある場合は内視鏡とレーザーを用いて結石を砕き、排石させます。
    再発予防には、食事や水分摂取の指導、定期的な検査を受けることが大切。また予防薬としては処方薬のほかに、市販薬のウラジロガシ錠などもあります。

膀胱がん

膀胱がんは膀胱にできるがんの総称。泌尿器にできるがんとしては、前立腺がんに次いで多く、男性は女性の約3倍発生しやすいと言われています。一方で非常に症状が出やすいがんでもあり、とくに血尿が現れやすく、比較的早期に発見できるがんでもあります。

早期に発見できれば致命的にはなりません。膀胱炎や尿路結石でも似たような症状が出ますが、もしも痛みもないのに血尿が出ることがあったら、すぐに病院で検査を受けましょう。

膀胱がんは形態で分類すると、膀胱の内側の粘膜にできる表在性のがんと、筋肉にまで到達している浸潤性のがんに分けられます。大半が表在性の上皮がんですが、再発が多いので治療後も定期的な膀胱内視鏡検査が必要になります。

膀胱がんの症状

膀胱がんで最も多い症状は血尿です。大きな特徴は痛みのない血尿であること。尿の色が赤や茶色になり目で見て明らかに分かることもあれば、顕微鏡で見なければ分からないこともあります。また常に血尿が出るわけではなく、出たり出なかったりもあります。

このほか、排尿時の痛みや残尿感、突如感じる我慢できないほどの尿意を感じることがあります。進行すると、尿が出にくくなる、脇腹や腰・背中が痛む、足がむくむといった症状も現れます。

  • 膀胱がんの検査と治療
    必須の検査として、腫瘍の有無を確認する膀胱内視鏡検査、尿にがん細胞が混じっていないか調べる尿細胞診があります。そのほかの検査として、腹部超音波検査、造影CT検査、膀胱MRI検査などがあります。

    治療は、内視鏡手術による腫瘍の切除になります。病理検査で膀胱の表面のがんだと診断がつけば治療は完了。膀胱の筋肉にまで到達していたり、転移がある場合は、膀胱の全摘や抗がん剤治療が必要になります。

症状が出たら、まずは病院で検査を!

男性は尿道が長く、前立腺があることによって、性感染症による尿道炎のほか、前立腺炎や尿路結石など、いろいろな原因で排尿痛を起こします。排尿痛とひと口に言っても、排尿し始めに痛みが出ることもあれば、終わりごろに痛む場合もあり、病気の種類によって、また人によってもその現れ方には大きな差があります。

とくに性感染症による病気は繰り返しかかることが多いだけに、ひどい痛みでもない限り、高を括って放っておくこともあるかもしれません。しかし、症状が軽かったり、一見治まったように見えたりして放置すると、目に見えないところで進行して症状が悪化したり、思いもよらない病気が隠れていたりして、取返しのつかないことにもなりかねません。

即日検査、即日治療 オンライン診療も 排尿時の痛みの検査・治療はお任せください
「あれ?」と思ったら、まずは早めの検査が肝心です。GOETHE MEN’S CLINICでは検査は即日可能、治療もその日から開始することができます。
GOETHEクリニック泌尿器科の詳細へ
野口 真康
GOETHEメンズクリニック八重洲院 院長
日本性感染症学会 会員
性感染症は、専門の医師に診察してもらうことが大切です。これからも患者さんから、『ありがとう』『助かったよ』と言ってもらえるような診療を続けていけるよう研鑽してまいります。お気軽にご相談ください。
性感染症専門医として取材紹介されました